この記事は2年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

数ヶ月前windowsが起動せず、dynabookのロゴから動かなくなったパソコンのHDDを換装します。
いろいろ調べたところ、このパソコンのHDDはほかと比べて寿命が短めってことがわかりました。
biosは起動して、HDDを認識しているようですが、windowsが吹っ飛んだようで、どうしようもないので新しい物を購入。
(BIOSは電源を入れると同時にF2キーを連打すると起動できる。)

どのHDDを買えばいいか分からなかったのでPCの裏のフタを開けてHDDを取り出してみました。

ネジを回すだけで取れます。HDDは横に引っ張ったら取れます。

ここからわかることは回転速度とキャッシュ容量ぐらいで、厚さがわかりません。

上にあるDISK DRIVEってとこが名前っぽいのでgoogleで検索してみます。

検索結果を新しいタブで開きます

一番上に有能な価格.comが居ました。タイトルに厚さが書いてあるとは有能すぎる

価格.com – 東芝 MQ01ABD100 [1TB 9.5mm] 価格比較

というわけで、どれを買えばいいのかはわかりました。
amazonで「5400rpm 8mb 9.5mm」と調べてたどり着いたこのhddを買いました。

とりあえず500GBの物を選びましたが、足りなくなってきたら外付けHDDでもなんでもありますので大丈夫だと思います

あとはHDDを差し替えるだけです。

HDD差し替え後はリカバリディスクがあればそのままCDを入れて電源を付ければ大丈夫だと思われます。
(詳しいやり方はこっちを)

 他のOS(windows10など)を入れる場合はwindows8から追加されたセキュアブートをオフにする必要があります。

セキュアブートがオンになっていると、「HDDを認識できません」みたいな感じのメッセージが出てきます。

セキュアブートを無効にする
まずBIOSを開きます。
その後、「セキュアブート」という項目を無効にし、詳細」から「システム設定」を開き、ブートモードをCSMブートに変えます。

これで問題なくosインストールできるようになると思います