この記事は1年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

2016/02/13追記

kinguin.netで買ったH1Z1がアカウントから削除されました^^

Steam_2016-02-13_16-08-05

サポートに問い合わせたので返事が来たらまた記事更新します記事書きました。


小さい罠に引っかかったので他の人が引っかからないように書いておきます。

メリット

・ゲームが安く買える場合がある
・日本からは買えないゲーム(おま国)ゲームを購入する手段として便利。(鍵屋とは違ってギフトで買うこともできるため。)

デメリット、注意点

・物によってはSteamの定価より高くなる。
僕はこれに引っかかりました。 kinguin.netでH1Z1を探していたら、€14.94と書いてあり、安いと思って購入してしまいました。
が、僕の目はおかしかったのか、€(ユーロ)を$(ドル)と勘違いして購入。実際、14.94ユーロは1950円程度で、定価で買うと1980円なのでまあ良いかと思ってたら手数料など合わせて16.61ユーロに。日本円で
2,257円で、数百円無駄にしました。
 
他にも、定価が安いゲームは気をつけたほうが良いと思います。(Undertaleを見たら通常価格より高かった) 

・盗難クレカなどで買われた物はギフト、steamキーなど関係なくいきなりライブラリから削除される。(これに関してはシールドなどをつけて対策可能)
・ロシア版は安いけど、VPNを利用しないとアクティベート出来ないことがほとんど。
VPNはSteamで規約違反であり、アクティベートした国でしかゲームが起動できないように対策をしているゲームもあります。

タイトルにRU/CISという文字が含まれていたらほぼ間違いなくロシア版なので、GLOBALと書かれたものを選びなおしましょう。


安いってことには色々理由があると思うのであまり利用はしないほうが良いと思います。