これを買ってから半年以上経っていたので使っていて思ったこととかを書いていきます。

リアフォ買うまで使っていた別のキーボード


リアフォを買うまではこのキーボードを使ってました。
これに関しては値段相応かなと思います。
このキーボードで文字を打っていると手が痛くなってくるんですよね。
ゲーミングキーボードって書いてあるけどゲームすると手が痛くなって終わることとかもあった気がします。ゲームには向いていないような・・
まあ安いキーボードなのでしょうがないですけどね。
こっちは2000円で変えるのに対してリアフォは2万円するのでリアフォのほうが値段から見ても明らかに良い物というのは誰でもわかることだと思います。

リアフォに変えて何が変わったのか

まず、上で書いていた2000円キーボードでの手の痛みはなくなりました。
この記事の文字数は結構ありますが、とにかくキータッチが軽いので書き終わった時点でも手は疲れていません。
基本的にパソコンに向かっている時間が多くてキーボードもよく使っているのでこれはよかったです。
ただ良いことだけじゃなくてちょっと慣れないときついこともありました。
ゲームではキーが軽すぎたせいでアルティメットスキルを間違えて使ってしまってランクマッチ中に味方に迷惑をかけてしまうこともありました。それ以降は気を付けているので間違えることは無くなりました。

僕が買ったリアフォは静音モデルで、文字を打っていると「スコスコ」って感じの音がします。
osuみたいな連打をするゲームで遊ぶと自然とキーを叩く力が強くなってるのかわかりませんが静音モデルでもそこそこうるさく感じます。
(普通のモデルよりは少なくとも音は小さいはずですが)

このキーボードを買うかどうか迷っている人

ブログ記事を書いていたり、プログラミングなど一日で沢山の文字を打つ人には間違いなく向いています。

高いから良いキーボードっていう考えまあ間違ってないですが、このキーボードにも合う人と合わない人がいるのは確かです。
主にゲームをする目的で使う人とか一日のキー入力数が少ないような人には向いていないでしょう。
ゲーム目的であればやはりゲーミングキーボードをおすすめします。

最後に

キーボードはやっぱり触って買うのが良いと思います。
触れなくてもまあリアフォなら大丈夫です何とかなります慣れます。多分。
(僕も実際に触れず、amazonでポチっただけなので。。)
こんな適当な記事ですが、少しでも参考になればいいなって思ってます。