タイトルの通りです。
Valve と開発者の取引関係が終了したため、このアイテムはコミュニティマーケットで売買できません。 と書かれたカードを探してみたら僕は3ページ分ありました。

このようなアイテムはsteamのマーケットで売れないため、インベントリの中で邪魔になってどうにか処分したいと考えている方もいるのではないでしょうか。
今回は取引関係が終了したゲームのカードを使ってバッジを作ろうと思います。

準備

OPSKINSというサービスに登録しましょう。
元々はCSGOスキンの現金化や購入手段として使われていましたが、現在はCSGOのスキンのみならず他のSteamゲームのアイテムやカードなども売られています。
もちろん私たちも売ることができるのでバッジを作る手間を考えて売るっていう選択もいいと思います。

登録ができれば準備は完了です。

作るゲームのバッジを選ぶ

ここでは例として Attrition: Nuclear Dominationというゲームのバッジを作ろうと思います。
steamdbによると約1年前にストアでの販売が終了しています。
このゲームのバッジページは http://steamcommunity.com/my/gamecards/392870/ ここです。

私はあと2枚足りないので足りないカードの名前をopskinsで検索をかけ、購入します。

ちなみに、購入はopskinsに入金するかSteamのインベントリからアイテムを売って買える分の金額を稼いでおかないといけません。
 Steamのインベントリ内のアイテムも売れるので余った物を売って稼いでおきましょう。



足りないカードをカートに追加してCheckout and Withdrawalを押します。
すると、おそらく5秒くらいでトレードオファーが届きます。
そのオファーからアイテムを受けとって終了です。

これでバッジを作ることができるようになりました。

インベントリの邪魔になっているカードなどを処分できていい感じです。
以上